タワー・オブ・テラー 東京版

タワー・オブ・テラー 東京版は、2006年9月に東京ディズニーリゾートにオープンしたアトラクションである。

ニューヨークにあるホテルハイタワーが舞台となっている。

アトラクション内にはS.E.A.関連のプロップスは存在しないが、アトラクションのメインキャラクター ハリソンハイタワー三世がS.E.A.メンバーだと判明したことで、このアトラクションもS.E.A.関連アトラクションの一つとなった。

ストーリー

ニューヨークのホテルハイタワーは、1899年12月31日のエレベーター落下事故でオーナーのハリソンハイタワー三世が行方不明になってから、長年廃墟となっていた。

13年後、ゲストはニューヨーク市保存協会が主催するホテルハイタワーのツアーに参加する。

関連項目