Camellia Falco(カメリアファルコ)

カメリアファルコは、ソアリン 東京版のメインキャラクターである。

19世紀ごろ(古典的な飛行機の研究が盛んであった時代)に、飛行機の研究と開発に情熱を燃やしていた。現在はおそらく死亡している。

S.E.A.メンバーの1人である。

登場

2018/12 トロピカルハイドウェイにて、C.ファルコという名前が初登場した。
この時点では「だれ?」という感じであったが、1か月後に正体が判明した。
2019/1 ソアリン 東京版のメインキャラクターとして登場した。

ストーリー

カメリアファルコは、19世紀ごろ(古典的な飛行機の研究が盛んであった時代)に、飛行機の研究と開発に情熱を燃やした女性である。

彼女の死後、博物館ファンタスティック・フライト・ミュージアムにて彼女の功績を称えた特別展が開催され、そこで訪れたゲストの前にスピリットとして現れる。

S.E.A.メンバーとして

ほぼ全てのS.E.A.メンバーは1800年代後半~1900年代前半の人物たちであり、新S.E.A.もこの頃に発足されたのだが、彼女だけは世代が早く、1800年代前半の人物である。新S.E.A.が発足された1899年には高確率で死亡しているため、色々想像が膨らむ。
(「死後にS.E.A.メンバーとして認定された」とか、「旧S.E.A.と新S.E.A.の間にもS.E.A.が活動していた時期があった」とか)

また、多くのS.E.A.メンバーには動物の相棒がいるが、おそらくそれと同じように彼女にもファルコンの相棒がいる。ファルコン君の名前はまだ分からないが、きっとその内わかる。

関連項目