Harrison Hightower III(ハリソンハイタワー三世)

ハリソンハイタワー三世は、タワー・オブ・テラー 東京版のメインキャラクターである。

大富豪で、かつ世界中へ旅をする探検家でもあり、ニューヨークのホテルハイタワーのオーナーであったが、現在は行方不明となっている。

S.E.A.メンバーの1人である。

登場

2006/9 タワー・オブ・テラー 東京版のメインキャラクターとして初登場した。
2011/8 アンティーズビーチハウスにて、ハイタワー三世の名前が登場した。
2013/5 ミスティックマナーのキューラインに飾られた絵画にて、S.E.A.メンバーの一人として登場した。

ストーリー

ハリソンハイタワー三世は大富豪で探検家である。

世界中を旅してまわり、世界中から様々な美術品などを収集していた。
だが実際それらの美術品の大半は、強奪という手段によって手に入れられたものばかりである。

1892年、ハイタワー三世はニューヨークにホテルハイタワーをオープンした。
ハイタワー三世はこのホテルに自身のコレクションを収蔵している。

1899年、ハイタワー三世はアフリカのコンゴ河探検の途中、原住民のムトゥンドゥ族からシリキ・ウトゥンドゥと呼ばれる奇妙な偶像を強奪した。

ムトゥンドゥ族たちによると、シリキ・ウトゥンドゥは呪いの偶像で、正しく扱わないと所有者に災いをもたらすのだという。
だがハイタワー三世は呪いなど全く信じていなかった。

1899年12月31日、ホテルで帰還パーティーが開催された。

その夜、ハイタワー三世のエレベーターが落下し、ハイタワー三世は行方不明となった。

関連項目