Shinji Takahashi and the Mark of the Coatl(高橋シンジとコアトルの印)

『Shinji Takahashi and the Mark of the Coatl』(和訳:高橋シンジとコアトルの印)は、S.E.A.を題材にしたシリーズ小説である。高橋シンジという少年がS.E.A.メンバーたちと主に行動し、自身にかけられた魔法を解く物語である。現代のS.E.A.について言及されている唯一の物語である。

あらすじ

高橋シンジは、どこにでもいるちょっと生意気な普通の孤児の少年だ。世界を旅する叔母のユイに育てられている。しかしある日、魔法のガーディアンが力を取り戻すための媒体としてシンジに目をつけてしまう!そしてシンジの人生は一変する。シンジは、ガーディアンの力を悪用しようと企む「ハイタワーコーポレーション」に捕らえられてしまい、そこから脱出するために、天才少女ルーシーと、彼女のロボットマウス、ティンカーと協力することになる。

二人は「Society of Explorers and Adventurers(S.E.A.)」のメンバーである洞窟探検家、ハッカー、地図製作者、パイロット、神話専門家と協力し始める。ガーディアンをあるべき場所に戻し、シンジを魔法から解放するために。しかし急がなければ、ガーディアンはシンジの生命力をどんどん吸い取ってしまう!さらにハイタワーコーポレーションもシンジを追ってきている。

そしてついに、シンジは自分の特別な力に気付き始める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました