Mystic Manor(ミスティックマナー)

ミスティックマナーは、2013年5月に香港ディズニーランドリゾートにオープンしたアトラクションである。

S.E.A.メンバーの一人であるヘンリーミスティック卿の博物館が舞台となっている。

キューラインには、多くのS.E.A.に関連したプロップスが飾られている。

ストーリー

舞台はパプアニューギニアの熱帯雨林奥地にあるミスティック卿の邸宅(manor)である。

世界中を旅して美術品などを収集していたミスティック卿は、コレクションを一般公開しようと考え、1896年1月1日、自身の邸宅を博物館としてオープンした。

1909年、ゲストはこの博物館を訪れる。

博物館を訪れるゲストは、ミスティック卿が開発した”Mystic Magneto-Electric Carriage”という乗り物に乗って、館内の展示品を見て回る。

ところがミスティック卿の相棒の子猿アルバートが、物体に命を与えると言われている魔法のオルゴールを開けてしまう。

博物館の展示品には命が宿り、ゲストは騒動に巻き込まれてしまう。

S.E.A.メンバーたちの絵画

キューラインには、8人のS.E.A.メンバーが描かれた絵画が飾られている。

ここに描かれている8人は、左から見て次のとおり。

関連項目